\トラーナのもぎたて情報/

プランチームは「ほわほわ」系。トラーナメンバーインタビュー vol.1

f:id:toranacom:20220117141613p:plain

服飾専門学校卒業後、ウェディングドレスのコーディネーター・デザイナーアシスタントを経て、百貨店での販売職へ。出産後、飲料販売のお仕事に就きながら、もともと大好きだったおもちゃの世界と、接客の経験を活かしたお仕事を探し、2020年、トラーナに入社したももこさん。トラーナプランチームで大活躍のももこさんにお話を聞いてみました。


──トイサブ!のプランナー……入る前と入った後でイメージ変わりました?

もともと、おもちゃは大好きだったんです。用がなくてもトイザらスに行くくらい(笑)。でも、知育玩具にはそんなに関心がある方ではなかったので、知育玩具や乳幼児の発達、教育については勉強でしたね。 あと、プランナーになるまでは対面接客がほとんどだったので、最初は文章でのコミュニケーションに少し心配していました。

──入社時の思い出はありますか?

入社したころ、ちょうど第一回目の緊急事態宣言発令中だったんです。出社することもできず、初めてのリモート研修……! それでも、ZoomやSlackを活用して、先輩がたが適切にアドバイスしてくれたので、不安が解消されました。 プラン業務を通して、お客様のアンケートの回答を見るのが一番楽しく、成長につながったなぁとも思っています。

──アンケートの回答、楽しみにしているんですね!

いつも、「幸せな親子時間」を実現できるかな、と考えながらプランしているので、私のプラン内容の感想がアンケートの回答で返ってくるときにやりがいを感じます。私の意図したことが合致した感想をいただけると、「やった!」って思いますよ!

──「幸せな親子時間」をプランチームでもとても大切にしていることが伝わります

常に、作っているプランを通してどんな「幸せな親子時間」を実現できるかな、ということを一番大切にしています。私、トラーナの企業理念の「幸せな親子時間を増やそうぜ」という言葉に共感したんですよ。 研修システムの中でも、「幸せな親子時間」について担当のメンバーがきちんと新しいメンバーに伝えているので、ますます企業理念の実現に向けて動けていると思います。

──ところで、プランチームってどんな雰囲気なんですか?

女性だけの職場で働いてきたので、人間関係で悩むイメージが入社前にあったんですが、とにかくトラーナのプランチームは居心地がいい! お互い助けあいながら業務の相談もしますし、休憩時間に育児相談もしやすいです。プランチームはリモートの人も多く会えないことも多いけれど、温かい心を感じています。 なんというか、ほわほわしているんです(笑)

──ほわほわ!(笑)トイサブ!のプランがあたたかい理由が分かった気がします。プラン作成時に、印象に残っていることってありますか?

お子さまの月齢が上がると、アンケートで育児のお悩みの内容が増えることもあります。ちょっとした、育児相談のような内容ですね。 もちろん、相談内容がおもちゃだけでは解決しないこともあります。そういうときには、トイサブ!のおもちゃ以外のものを取り入れることや、自分の経験を少しご紹介することもあります。もちろん、専門家ではないので、「解決します!」とは言い切れないのですが。 私が紹介したことを実際に試していただいた感想が、2か月後にアンケートで返ってきているのを見つけると、嬉しくなります。あの時、こんな相談いただいたな、って思い出すんです。

──文通みたいですね!

そうですね、本当に文通みたい。トイサブ!はおもちゃをお届けするサービスなので、育児相談をメインでお送りすることはできないのですが、専門家に相談することでもなく、身近な知り合いに相談することでもなく……というような悩みにほんの少し、寄り添えると嬉しいですね。

──ももこさんにとって、トイサブ!プランの自慢できることってどんなところですか?

トイサブ!でおもちゃの対象年齢を独自に設定しているところですかね。メーカーさんの設定した対象年齢は安全基準が重視されていることが多いので、危険でない年齢になれば「対象年齢」に含まれてしまうこともあります。 危険でなければ必ずしも楽しめるかというと、そうでもないことが多いんです。0歳9か月から対象のおもちゃを一番楽しめるのは、1歳0か月ごろ、ということもよくあります。お子様ひとりひとりの発達と、トイサブ!の膨大な過去データから設定した対象年齢を組み合わせて、それぞれのご家庭に合わせたプランをお届けしていることが、一番の自慢です。

──なるほど。じゃあ、メーカー対象年齢が1歳0か月のおもちゃを1歳2か月の子に送るからといって、ものたりない、とは限らないんですね。

そうなんです! トイサブ!のおもちゃは最低2か月間、お手元にあるので、一番遊びこめるものを選んでいます。ご家庭に合わせて、おもちゃの旬をお届けしているんです。 食材と同じように、おもちゃにも旬や、楽しみ方がそれぞれあるんだろうな、とも思っています。おもちゃそれぞれには、こう遊ばなきゃいけない、という決まりはありません。説明書やプランシートにもトイサブ!から遊び方を書いていますが、その通りでなくても、お子様と一緒に楽しめることが大切だと考えています。 子どもって、いつも意外な遊び方をするんです。大人にとっては「違う遊び方」かもしれないけれど、遊び方を子どもが創造しているんですよね。子どもの創造力を発見できるお手伝いを、トイサブ!が出来たらいいな、と私は願っています。

ももこさんの好きな「トイサブ!おもちゃ」

f:id:toranacom:20220117141901p:plain
磁石かんじ盤で遊ぶご家族。トイサブ!フォトコンテストでご応募いただきました

磁石かんじ盤(くもん出版)がお気に入りです。説明書を見ると絵合わせがメインの遊び方のように思えるんですが、うちでは違う遊び方をしていました。 このおもちゃで遊ぶまで、子どもに磁石を触らせたことがなかったので、磁力を楽しませてあげるのがメインでしたね。シール貼り遊びの楽しみにも近いと思います。家具や家にシールを貼られることなく、磁石をぺたぺた貼ったり剝がしたりして楽しんでいました。


「幸せな親子時間を増やそうぜ!」がたっぷり染みこんだインタビューになりました……💛 いろんなチームのメンバーインタビューができたらいいな、と思っていますので、その時にはご協力よろしくお願いします!

お知らせ|「トラーナほいくしつ」を夏休みの間設置します

特別に、夏休みの間、メンバー向けの「トラーナほいくしつ」を設置します。丸山オフィス6階と千葉センターで開設予定です。小さなお子様たちがにぎやかにすることもあるかもしれませんが、どうかご理解ご協力のほどお願いいたします。