\トラーナのもぎたて情報/

YAPC::Japan::Online 2022 にスポンサード && 登壇をしました。

みなさん、こんにちは!CTO のめもりー (@m3m0r7) です。

本年開催された YAPC::Japan::Online 2022 にスポンサード && 登壇をしました。

yapcjapan.org

Yet Another Perl Conference ということで、Perl を主軸としたカンファレンスだったのですが全く Perl の話をしない 「PHP で NFC リーダーを実装する」で登壇をしました。

また、長く続いている YAPC というイベントに貢献したいという気持ちから、今回スポンサードもさせていただいております。

torana.co.jp

登壇に使った資料は以下です。

speakerdeck.com

実は、2022 年に開催される PHPerKaigi 2022 でも同じようなタイトルで登壇させていただく予定なのですが、今回のこの資料は Perl を普段使いしている方でも、NFC リーダーを作るという面白さが伝わりやすいように PHP を全面に出さないようにしました。 Perl でもできそうだということを念頭に伝えるようなトークができたかなと思います。 また、当日の Discord の裏トークでも、NFC ではなくもっと他のデバイスでもできないかという話から、バーコードリーダーの話であったり、よりニッチな会話を展開できました。


YAPC そのものにスピーカーとして登壇することは、私自身の目標の 1 つでもありました。

ただ、Perl そのものを触る機会というのが私自身のキャリアの中であまりなく、登壇の機会は巡ってこないだろうなと感じておりました。 実は YAPC 2020 でも「Perl 初心者の私が YAPC のために Perl で JVM を実装してみた」がプロポーザルで採択されていたものの、昨今の新型コロナウィルスの影響で、開催が見送りとなっていました。

本当はこのタイミングで Perl を使って登壇する予定だったのですが、 日が経っているということもあり JVM とはまた違うアプローチで行こうと思い、 YAPC 2022 では Perl とはまったく異なる言語である PHP でプロポーザルを出しました。 まさか、PHP ネタで採択されるとは思ってもみなかったので、採択のメールが届いて二度見しつつも「YAPC で登壇できるのか…」と、感慨深くなりました。 Perl で JVM を実装してみるというトークも、もちろんしたかったのですが、私自身の得意領域のプログラミング言語で、かつ目標の 1 つであったイベントで登壇できたのは 1 つのステップを乗り越えたなという気持ちになります。

こうして、 YAPC にスピーカーとして登壇できたのも、盛り上げてくださったスタッフの皆様、オーディエンスの皆様のおかげです。 本当にありがとうございました!

著者名
めもりー

株式会社トラーナ CTO。最近は専ら PHP のような LL でハードウェアを操っていたり、スクリプト言語パーサーを自作している。