\トラーナのもぎたて情報/

俺/私のトラーナのここが好き【チームメンバー編】

「雑談チャット」でチームを超えるコミュニケーションを

アンケートのご協力ありがとうございました!今回、フルタイムメンバー7名、パートタイムメンバー27名の方からご回答いただきました。アンケートの節々にトラーナならではの愛あるコミュニケーションが垣間見えたので、紹介しながら振り返りますね。

まず、実際に1日の仕事の中で「同じチームで話す人の数」をみてみましょう。

▼フルタイムメンバー

▼パートメンバー

3〜4人と関わる方が多い印象でした。パートメンバーの方は部署によっては5人以上とコミュニケーションをとり連携されている印象です!

アンケート回答でキュンとしたところ:

・やろうとしていることややりたいなぁと思うことを共有した際にネガティブなフィードバックがなく、まずは受け止めてくれて、さらに良い案や方向性に持っていってくれる!

👆何かを提案することは勇気がいりますよね。チャレンジする精神を応援できるカルチャーがトラーナにはある。

最近、「心理的安全性」というワードをよく耳にするので『心理的安全性のつくりかた』を読んでみました。

チームのパフォーマンスを上げるためには心理的安全性を確保する。そのためにも「挑戦」はキーワード。挑戦できることを応援できる文化があるのは、良いチームビルディングの構築に欠かせないですし、延びる企業にまちがいなし!

・仕事を教えてくれる先輩の方達が、自分の清掃したおもちゃをチェックしている際、たくさん綺麗に清掃できたと褒めて頂き、向上心が高まったことです。自分が清掃作業を教える立場になりましたら、先輩方が教えてくれたような指導を心がけたいと思います。

👆トラーナのメンバーになってまだ間もない方のお声では、丁寧に教えていただける関係性にほっこりしている様子が伺えました。一度聞いたことでも、わからなければ聞きやすい環境も魅力的と感じる方が多かったですよ。

次に、チーム以外の人のコミュニケーション人数をみていきましょう。

▼フルタイムメンバー

▼パートタイムメンバー

他チームの人と話す機会がある人は両メンバーともに1〜2人が多かったです。ちなみにトラーナメンバーの印象をみなさんにも聞いています。

▼トラーナのメンバーのイメージ

・明るくそして皆さん前向き!

・働き者!・あったかくて優しい

・年齢関係なくフラットな雰囲気がある

▼パートメンバーからのフルタイムメンバーイメージ

・できる

・若いのに頼り甲斐がある

・仕事が丁寧で、優しい♡

・システムをはじめ、次々と業務環境を改善してくださっている縁の下の力持ちさんのイメージ。

・リーダーの方々皆さんとても仕事が早く、リモートといえど反応が早く、相談するとすぐ不安が解消されます

わぁ…(拍手)

なかなか異なるメンバーやチームと人とのふれあいは少ないかと思いましたが、所々に出るやりとりからいろいろ感じ取っている印象でしたよ。

素敵な人が多いから本当はもっと絡んでみたい!そんなお声もありました。そんな方には「雑談チャット」がいいかもしれません。

・slackでいろいろな雑談チャンネルがあること。チームにも雑談chがあるし、チームを超えて趣味のチャンネルがあるというのもステキだなーと思う。

👆チームを超えた趣味のチャンネルがあるんですね!どんな趣味をみなさんお持ちなんでしょうか?ワクワク…

雑談からのアイディアって侮れないなと私は思っています。アイディアを出そう、出そう!とこんつめていると、ただ時間がすぎてしまっている経験はないですか?

私も社内報を書く際、(もちろんみなさんの社内コミュニケーションがより円滑になるようやってやるぞの精神は持っていますが、)アイディアだしや構成は、ふわっとこん詰めないことを意識して在宅でなく外でやることが多いです。

今回はめちゃくちゃ美味しいコーヒーゼリーを横に、構成を考えていました。

アンケートにもあったのですが、リモート・在宅で寂しいってときは「雑談チャンネル」で「雑談」をふんわりざっくばらんに話すのもいいですね。

俺/私のトラーナのここが好きエピソード 

アンケートでは、「俺/私のトラーナのここが好きエピソード」を募集しました。

一番多く見受けられたのは、子育てにめちゃくちゃ理解がある点!(さすが「幸せな親子時間を増やそうぜ!」の会社!)

・子育てされている方が多いので、急な子どもの体調不良などによる欠勤でも快く対応してもらえる。

・「子どものイヤイヤが激しく、なかなか登園できなかった」という理由で遅刻連絡しているのを見たとき。今まで何社か勤めたが、そんなの聞いたことがなかった。すごいと思った。

子どもの送迎等で「ちょっと抜けて戻る」が可能だと知ったとき。フレキシブルに働けて最高じゃん!と思った。

👆最高ですよね!

・まだ働いて2ヶ月経ってませんが、入社して2日目で急なお休みを取らざるを得なくなった時、みなさん温かいお気遣いのお言葉をかけてくださった。お子さんとゆっくり過ごしてくださいねと言ってくださったおかげで、本当に子供との時間を素直に穏やかに過ごすことができました。 まだ研修中で、教えていただくことの方が多いのですが、早くみなさんのお役に立ちたいという気持ちで日々前向きに仕事ができてます。

👆じーん…身に染みます。子どもっていざ大人がやるぞって時に熱を出すこと、あるあるですよね。ここまで子育てに寄り添ってくれる環境はなかなかない気がします。

そのほか、働いていてよかったと感じるポイントを紹介します。

▼お客さまの評価に関して

・自分がプランしたおもちゃが返ってきて評価が良かった時 ・お客様からのフィードバックはなにより嬉しいですが、自身の子どももトイサブ!を利用しており、大喜びで遊んでいる姿を見ると、この仕事に携われていることを嬉しく思います。

▼メンバーの雰囲気

・裁量権が大きく、ある程度意見を聞き入れてもらえること ・意見を聞いてもらえる環境があること。向上心高いみなさんの中で働けることはとても楽しいです!!

👆向上心を刺激されるメンバーさん多し。

▼その他

・トラーナの名刺がかわいい

・いきなりドバイの方とのミーティングに参加した

・志田さんの人柄が気さくで暖かく面白い人だということが1on1や普段のSlackへの投稿からわかった

などなど…トラーナに入って出会う人たちの人柄や自分の意見を尊重し、汲みとってもらえる環境にトラーナへの愛が深まっている印象でした💗

もうワンステップ!ここをこうしたいトラーナのミニ課題はこれ

ちょっと気になるけど、いうまでもない?けどそんな小さなことが少しずつ改善することで、日々の業務が滑らかに。

まずはちょっとした戸惑いから。

・仕事上でのニックネームでの呼び名が馴染みが無かった為、上司に対して、そのままニックネームでお呼びしてもいいのかなと戸惑ってしまう事があります。

👆ニックネームでいいんですよね!?私も前の会社がニックネーム文化の会社で戸惑いましたが、「名前を呼んで、挨拶!」これだけでも随分と距離が近くなりました。フランクに意見を言い合える環境はトラーナの魅力。ニックネームで、呼んでいきましょう!

こちらは予期せぬことへの対応について。

・少し慣れて全体が見えてきて、しかたないのは重々承知なのですが、研修されてない事や、本当にサラッとしか触れてないことが実線で求められ、心折れそうになるのはあります笑

👆実際の場では研修の範囲外のことも直面しますよね。「いきなりドバイの方とのミーティングに参加した」という回答もアンケートで拝見しました。(⇦これは想定外すぎる出来事だったのでは?w)

子育てもそうですが、全部予想通りには…涙)周りのみなさんもきっと経験されたことであったり、助けたい気持ちを持った暖かいメンバーだと思います。

わからないもの・少しもやっとするものは、小さいことでも1個ずつその都度消化していきたいですね!

その日はきっといつも以上に大きく成長できた日になっているはずです…!

そのほかにも、「もっと今の仕事を向上させ、深めたい!」「本当はもっと働きたい!」など意欲的なご意見もありました。日々の生活や業務の中では忙しくてなかなか仕事の質ややりがいを高めるために考える時間は取りにくいかな?と思います。

自分としては、月1回、今月の振り返りの時間を持つように心がけています。「来月の自分はこうなっていたい」自分の理想像・あり方を書き出す時間を設けています

こうなるためにはいつ、どこで、誰に(と)何をするかのアクションを書き出し、手帳の実行する日に埋め込む。

大きなことでなくても、「〇〇さんに声をかけてこの件について意見をもらう!」などでもOK。日頃のもやもやが解決する糸口が見つかる可能性大です。

リモートの寂しさについて

・人(仲間・お客様ともに)に会いたい、なんてことない話がしたいです。フルリモートで寂しい… また、冷静で穏やか(にみえる)コミュニケーションが多いので、お相手の内心はわからず、たまにちょっぴり不安になります…

👆リモートあるあるですよね。テキストだけではあれ?伝わったかな?感情が読み取れないってあると思うんです。空気感であったり、言葉の間から読み取れるものってあると思います。

リモートのもやもやにはこの辺りに潜みがち。

①雑談がない

②意思疎通ができているか不安

③聞きたい時に聞けない

聞きたい時に聞くために、そして聞いてもらいやすくするためにスラックの名前の後ろに「◯時〜◯時OK」など対応可能な時間をつけて作業する方も他のお仕事先では見受けられました。

聞きやすい環境・聞いてもらいやすい環境を整えるのもいいですよね。

そのほかチームごとの主な活動スケジュールを全体共有する場があるのもいいなと感じています。 「この時間、このチームはMTGなんだ」「発送に集中しているんだな」など他のチームの作業・緊張感の度合いが見えると声がけしやすい文化がうまれそうだなって思いました。

あとすっごく気になったのは、こちらの回答です。 どうやら、ランチタイムが楽しすぎるチームがあるようですよ!

お昼休みが楽しすぎて、泣くほど笑えると、トラーナで働けてよかったと思います。

こちらのチームのランチ会にzoomを繋いで入れてもらうなどできたら楽しそうですね!と妄想しておりました。

私自身もフリーランスの業務委託メンバーとランチ会を開催することがあります。まず人の顔を見て話す機会があるとリフレッシュになります。

お仕事のスケジュールの組み方やどんなふうにスキルアップをしているか。それぞれの近況報告を聞くことで自分にも活かせるポイントを感じ取ることができました。

おすすめの息抜き方法や子どもとの時間の使い方についても話が広がり、もやもやを感じている複数のものの霧がスカッと晴れる時間となりましたよ。

あとは、「もくもく会」といったzoomを繋いだまま作業することも時々しています。◯分おきにタイマーをかけてリフレッシュがてら10分雑談を。何か共通のゴールに向かう作業があるときは、ぎゅっと一緒に行うのもいいかもしれません。

何か業務にプラスに働くことがあると嬉しいです。他チームの様子から自分のチームができることがあればぜひ積極的に関わったり、取り込んだりしてみてくださいね!

まとめ

今回はアンケートを元に「チーム内外のコミュニケーション」についてみてみました。そのほかにもトラーナで働いてから生まれた本当に嬉しいエピソードが…!

・働き始めて数カ月後に「毎日楽しそうだね、活き活きしてる。」と旦那からの一言があった。トラーナのお陰!!

・「はぁ今日も仕事か・・・」という朝の憂鬱がなくなったこと。ふと気づけば子どもや夫の前で「あー仕事行きたくない」とつぶやくことが無くなりました!!

アンケートをみて感じたのは、してもらったことに感謝して、それを今度は自分ができるようになって返したい。そんな気持ちを節々から感じるエピソードが多かったです。

一人一人の目の前のメンバーにしたことが、また次のメンバーへの愛情として還元されている

「ありがとうが職場で沢山聞こえてくる」 当たり前ではない環境です。あったかい環境を作っているのは一人一人。目の前からあたたかみを持って今日も一日がんばりましょう。

※お知らせ※ きょこの社内報は一旦お休みになります。2人目ができたら是非トイサブ!を使いたいと思っていますので、引き続き応援しております!

著者名
コミュニケーション室ライター きょこ

頑張るママを応援したい思いで、教育会社での経験からモンテッソーリ遊びを紹介する場づくりを主催しています。 トイサブ!に関わる皆さんの気持ちが上がる記事やこれからトラーナに関わる素敵な人を呼び込む記事の担当です💡
Twitter(お仕事):@kyoko_taneppo
Instagram(遊び紹介):@kyoko_kiragoodlife